平成28年度 山梨病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)


年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 35 39 51 161 262 416 625 719 308

2016年度の退院患者様を、年齢階級別に集計しています。

70歳以上の患者様の占める割合が約63%となっております。

患者数の集計条件は、平成28年4月1日から平成29年3月31日までの期間に当院を退院した患者様であり、DPC(制度)で国に提出する主に診療録(カルテ)からの情報である様式1(診療録情報)と様式4(医療保険診療以外の診療情報)のデータを基に集計しています。



※患者数が10未満の場合は、‐(ハイフン)で掲載しております。



DPCとは国が定めた急性期の入院医療を対象とした診療報酬の包括評価制度のことで、1日あたりの定額点数から入院医療費を計算します。本来は患者様の疾患を分類する診断群分類のことを言いますが、医療費の支払い制度としての意味を持ちます。


診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード


内科






DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2:なし 定義副傷病:なし 137 19.555 21.25 5.839% 85.428
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 処置等2:なし 72 9.917 11.74 1.389% 74.139
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:なし 定義副傷病:なし 59 20.559 17.95 3.390% 86.305
060102xx99xxxx 穿孔または膿腫を伴わない憩室性疾患 手術なし 42 6.905 7.89 0.000% 70.976
060100xx99xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 手術なし 40 2.000 3.00 0.000% 70.550

上位5位までの疾患(治療)を見た指標。

平成28年4月1日~平成29年3月31日までに退院した患者を対象としています。



患者数の多いDPC14桁分類について、DPCコード、DPC名称、患者数、平均在院日数(自院)、平均在院日数(全国)、転院率、平均年齢を示しています。

平均在院日数:入院から退院までの日数の平均値。

転院率:転院患者数/全退院患者数。




外科






DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 処置等2:なし 36 10.528 10.30 0.000% 59.750
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除 亜全切除又は悪性腫瘍手術等 27 18.519 15.92 0.000% 72.037
060035xx99x00x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 処置等2:なし 定義副傷病:なし 22 3.045 7.2 4.545% 72.909
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部敦清を伴わないもの) 処置等2:なし 22 6.409 6.59 9.091% 60.227
060100xx99xxxx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 処置等2:なし 定義副病名:なし 19 2.053 3.00 0.000% 61.158

上位5位までの疾患(治療)を見た指標。

平成28年4月1日~平成29年3月31日までに退院した患者を対象としています。



患者数の多いDPC14桁分類について、DPCコード、DPC名称、患者数、平均在院日数(自院)、平均在院日数(全国)、転院率、平均年齢を示しています。

平均在院日数:入院から退院までの日数の平均値。

転院率:転院患者数/全退院患者数。




整形外科






DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 63 30.254 27.63 61.905% 84.286
160690xx99xx0x 腰椎以下骨折損傷 42 23.905 20.57 28.571% 83.119
161060xx97x0xx 詳細不明の損傷等 手術あり 処置等2:なし 13 15.846 11.55 30.769% 62.000
070343xx99x20x 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 処置等2:なし 定義副病名:あり 11 4.000 6.92 0.000% 64.545
160720xx01xx0x 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 処置等2:なし 定義副病名:なし 11 12.000 14.19 0.000% 41.636

上位5位までの疾患(治療)を見た指標。

平成28年4月1日~平成29年3月31日までに退院した患者を対象としています。



患者数の多いDPC14桁分類について、DPCコード、DPC名称、患者数、平均在院日数(自院)、平均在院日数(全国)、転院率、平均年齢を示しています。

平均在院日数:入院から退院までの日数の平均値。

転院率:転院患者数/全退院患者数。




肛門科




DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060245xx97xxxx 内痔核 手術あり 10 5.900 5.85 0.000% 61.200
060235xx97xxxx 痔瘻 - - 6.55 - -

上位2位までの疾患(治療)を見た指標。

平成28年4月1日~平成29年3月31日までに退院した患者を対象としています。



患者数の多いDPC14桁分類について、DPCコード、DPC名称、患者数、平均在院日数(自院)、平均在院日数(全国)、転院率、平均年齢を示しています。

平均在院日数:入院から退院までの日数の平均値。

転院率:転院患者数/全退院患者数。



※患者数が10未満の場合は、‐(ハイフン)で掲載しております。




耳鼻咽喉科






DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 16 6.500 7.47 0.000% 59.625
030320xxxxxxxx 鼻中隔弯曲症 - - 7.00 - -
030360xxxxxxxx 副鼻腔嚢胞。鼻前庭嚢胞 - - 7.42 - -
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり - - 7.75 - -
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 - - 8.12 - -

上位5位までの疾患(治療)を見た指標。

平成28年4月1日~平成29年3月31日までに退院した患者を対象としています。



患者数の多いDPC14桁分類について、DPCコード、DPC名称、患者数、平均在院日数(自院)、平均在院日数(全国)、転院率、平均年齢を示しています。

平均在院日数:入院から退院までの日数の平均値。

転院率:転院患者数/全退院患者数。



※患者数が10未満の場合は、‐(ハイフン)で掲載しております。



初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード





初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 34 - - 12 16 21 1 第7版
大腸癌 22 23 13 - 27 69 1 第7版
乳癌 47 15 - - 19 11 1 第7版
肺癌 - - - - - - - -
肝癌 11 - - - 11 98 1 第7版
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

当院に入院し、癌診断を受けた5つの代表的癌疾患(胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌)の診療情報の指標。

はじめての治療(初発)時の癌の進行度(Stage;ステージ)と再発で治療を受けた患者数を集計しました。



※患者数が10未満の場合は、‐(ハイフン)で掲載しております。


成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード





患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 10 9.200 36.900
中等症 35 19.171 78.429
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -

日常生活をしていた人が発症した肺炎(市中肺炎)の重症度を見た指標。

平均在院日数:入院から退院までの日数の平均値。



※患者数が10未満の場合は、‐(ハイフン)で掲載しております。


脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード







ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内
その他
I63$ 脳梗塞 3日以内 11 16.727 82.818 36.364%
その他 - - - -
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内
その他
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内
その他

脳梗塞を国際的な疾病等の分類(ICD‐10)に基づき、入院患者数等を見た指標。

平均在院日数:入院から退院までの日数の平均値。

転院率:転院患者数/全退院患者数



※患者数が10未満の場合は、‐(ハイフン)で掲載しております。


診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード


内科






Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 71 0.648 1.211 1.408% 68.394
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 70 1.986 6.657 1.429% 74.700
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術 36 0.917 7.861 0.000% 71.917
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 30 2.800 13.433 3.333% 84.367
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 23 1.174 7.696 0.000% 67.870

上位5位までの疾患(治療)を見た指標。

平成28年4月1日~平成29年3月31日までに退院した患者を対象としています。

手術件数の多い順に患者数・平均術前日数・転院率・平均年齢を示しています。

転院率:転院患者数/全退院患者数





外科






Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 52 0.250 3.135 1.923% 67.500
K4763 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 36 1.000 8.500 0.000% 58.833
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 29 0.172 1.034 0.000% 65.000
K7193 結腸切除術(悪性腫瘍手術) 26 2.923 17.923 0.000% 73.538
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 23 2.087 6.652 0.000% 65.043

上位5位までの疾患(治療)を見た指標。

平成28年4月1日~平成29年3月31日までに退院した患者を対象としています。

手術件数の多い順に患者数・平均術前日数・転院率・平均年齢を示しています。

転院率:転院患者数/全退院患者数





整形外科






Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 50 4.660 28.020 56.000% 82.020
K0731 関節内骨折観血的手術(股) 32 3.250 25.219 15.625% 75.813
K0811 人工骨頭挿入術 肩、股 31 6.645 28.000 64.516% 83.548
K0732 関節内骨折観血的手術 胸鎖、手、足 18 1.333 11.500 5.556% 60.444
K0801 関節形成手術(肩) 17 1.118 16.824 0.000% 61.647

上位5位までの疾患(治療)を見た指標。

平成28年4月1日~平成29年3月31日までに退院した患者を対象としています。

手術件数の多い順に患者数・平均術前日数・転院率・平均年齢を示しています。

転院率:転院患者数/全退院患者数




肛門科





Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7434 痔核手術(脱肛を含む。) 根治手術 - - - - -
K7462 痔瘻根治手術 複雑なもの - - - - -
K7432 痔核手術(脱肛を含む。) 硬化療法(四段階注射法によるもの) - - - - -
K7433 痔核手術(脱肛を含む。) 結紮術、焼灼法。血栓摘出術 - - - - -

上位4位までの疾患(治療)を見た指標。

平成28年4月1日~平成29年3月31日までに退院した患者を対象としています。

手術件数の多い順に患者数・平均術前日数・転院率・平均年齢を示しています。

転院率:転院患者数/全退院患者数



※患者数が10未満の場合は、‐(ハイフン)で掲載しております。




耳鼻咽喉科






Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術III型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 23 1.000 4.478 0.000% 62.435
K347 鼻中隔矯正術 - - - - -
K3772 口蓋扁桃手術 摘出 - - - - -
K4571 耳下腺腫瘍摘出術 耳下腺浅葉摘出術 - - - - -
K467 頸瘻、頸嚢摘出術 - - - - -

上位5位までの疾患(治療)を見た指標。

平成28年4月1日~平成29年3月31日までに退院した患者を対象としています。

手術件数の多い順に患者数・平均術前日数・転院率・平均年齢を示しています。

転院率:転院患者数/全退院患者数



※患者数が10未満の場合は、‐(ハイフン)で掲載しております。



その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード




DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -

上記4疾患についての症例数と発生数の集計。

播種性血管内凝固症候群(DIC)は、さまざまな重症の基礎疾患のために過剰な血液凝固反応活性化が生ずるため生体内の抗血栓性の制御機能が十分でなくなり、全身の細小血管内で微小血栓が多発して臓器不全、出血傾向のみられる予後不良の病気です。

敗血症とは、肺炎や腎盂腎炎など生体のある部分で感染症を起こしている場所から血液中に病原体が入り込み、重篤な全身症状を引き起こす症候群です。

真菌感染症は真菌(カンジダ、アスペルギルス、クリプトコッカス、ムコールなど)による感染症です。



※患者数が10未満の場合は、‐(ハイフン)で掲載しております。

更新履歴



2017/9/25

新規掲載

2017/09/26

内容修正

PageTop