病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指針
調達情報
リンク
病院広報誌
ご意見箱
よくあるご質問
個人情報保護方針
バリアフリー情報
情報公開
診療実績・臨床指標
JCHO版病院総合医育成プログラム

病院長挨拶

ozawa 山梨病院は新築移転してから二年、新しい機構( 地域医療機能推進機構 (JCHO))に移行してから一年が経過し、新たな船出をしたところです。
 このJCHOの理念は「地域の住民、行政、関係機関と連携し地域医療の改革を進め安心して暮らせる地域づくりに貢献すること」と定められています。我々は新病院の機能をフルに発揮し、新機構の理念を推進して行くことを目標に日々努力しておりますが、日本の医療現場が直面している大きな転換期、すなわち「超高齢多死社会」到来という荒波の中で難しい舵取りを強いられています。当院はこれまで急性期病院であることを目指し、事業の発展に取り組んできましたが、これを維持する為には、機能や専門性の高さが一層求められ、自院で完結しようとする急性期医療の推進は、困難になってきました。
 厚生労働省は、2025年を目途に、地域の包括的な支援・サービス提供体制「地域包括ケアシステム」の構築を推進していますが、この中で医療機関に対しては一般急性期病床、回復期病床の機能分化を促し高度急性期から在宅までのスムーズな流れを作るよう求めています。これらを踏まえ当院では平成27年3月より「地域包括ケア病棟」を開設し新たな体制を構築しました。地域における山梨病院の役割を明確化し、地域医療のニーズに対応した病院を目指していますのでよろしくお願いいたします。
PageTop