消化器内科

○担当医
主任部長 進藤 邦明
【診療日:火曜日午前午後、木曜日午前】
日本内科学会認定医、日本肝臓学会専門医・東部会評議員、日本消化器病学会専門医、
日本消化器内視鏡学会専門医、日本がん治療認定機構認定医、
インフェクションコントロールドクター認定

部 長 末木 良太
【診療日:金曜日午前】
日本内科学会認定医、日本消化器内視鏡学会専門医、日本消化器病学会専門医

医 長 長谷川 浩之
【診療日:木曜日午前】
日本内科学会認定医

医 員 白勢 大門
【診療日:月曜日午前】

非常勤 細田 和彦(ほそだクリニック)
【診療日:木曜日午後】
日本内科学会認定総合内科専門医、日本消化器病学会専門医、日本肝臓学会専門医

非常勤 志村 和政(志村内科医院)
【診療日:月曜日午前、水曜日午前】
日本内科学会認定医、日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会指導医・専門医、
日本消化管学会認定医・専門医

非常勤 赤池 裕子
【診療日:火曜日午前、金曜日午前】
日本内科学会認定医、日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医、
日本プライマリ・ケア連合学会認定医


現在当院消化器内科の体制は、常勤医師5名、非常勤医師2名で診療を行っています。
消化管(食道、胃、十二指腸、大腸など)疾患、肝・胆・膵疾患など、すべての消化器疾患の診断と治療を行っています。
外来診療は、毎日専門外来診療を行っており、時間外も当番医を設けて消化器救急疾患に対応しています。
また、夜間休日もオンコール体制をおき24時間で消化器救急疾患に対応しています。
原則、血液生化学検査、腹部超音波検査、上部消化管内視鏡検査などは、食事摂取なく来院されれば、予約なしで即日検査が可能です。
消化器外科、放射線科、病理診断科と密な連携をとり、迅速かつ的確な診断と治療を目指しています。

消化管領域では、狭帯域フィルター内視鏡システム (NBI) 、拡大内視鏡を導入し、早期癌の発見、より正確な範囲、深達度診断を行い治療に当たっています。
早期胃癌に対する内視鏡的粘膜切除術(ESD)、大腸腫瘍 (ポリープ、早期大腸癌) に対するポリペクトミー、ESDも増加しています。
肝臓領域では疾患では主に肝炎、肝硬変、肝がんの診療を行っています。近年最も大きなトピックスはC型肝炎に対する経口抗ウイルス薬(インターフェロンフリー治療)の登場です。患者様にとってほとんど副作用がなく100%に近い治療効果が期待できます。またB型肝炎に対する抗ウイルス療法、急速に増加しているNASH等のメタボリック肝炎に対しても積極的に治療を行い肝硬変、肝がんへの進展を予防するよう診療を行っています。また残念ながら肝がんに進行してしまった患者様に対しては内科的に侵襲の少ないラジオ波凝固療法やカテーテル治療にてガイドラインに則った適切な治療を行っています。
胆膵疾患では、良性または悪性の閉塞性黄疸における内視鏡的経鼻胆管ドレナージ術(ENBD)・経皮経肝胆道ドレナージ術(PTCD)をはじめ、結石治療、悪性疾患に対する胆道ステンティングなどを行っています。


平成28年度治療実績(H28,4,1-H29,3,31)
【消化管】
・上部内視鏡検査:17171件 (検診15036件、診療2114件、緊急内視鏡21件)
・胃癌の内視鏡的粘膜剥離術(ESD):35件
・大腸内視鏡検査:1924件 (緊急内視鏡14件)
・大腸腫瘍の内視鏡的粘膜剥離術(ESD):22件)
【肝臓】
 肝炎・肝硬変に対する診療
・C型肝炎に対するインターフェロンフリー療法:100件以上
・B型肝炎に対する抗ウイルス療法(核酸アナログ投与):約25件
・メタボリック肝炎に対する外来指導:300件
 肝がんに対する診療
・ラジオ波凝固療法(RFA):44件
・肝動脈カテーテル、肝動脈化学塞栓療法:82件
【胆膵】
・胆・膵疾患の検査・治療(ERCP):109件
PageTop